我がスウェーデン

スウェーデン人が日本とスウェーデンの文化の「今」をできるだけ楽しく、新しく、分かりやすく投稿しています^^

スウェーデン婚活事情

皆さん、こんにちは!お元気ですか。

 

最近、コロナのことで世界が変わっていますね。昨日から日本は緊急事態ですし、スウェーデンでも、病院のスタッフがコロナに戦っています。

 

世界中の病院で働く方々、心から本当にありがとうございます。尊敬と感謝しかありません。私は正直とても心配していますし、怖いです。

 

ですが、きっといいこともあると思い出さないと戦う力が出ないですね。

 

なので本題に入る前に一つのいいニュース、をシェアしますね~^^~

 

お父さんと子供が年配の方の買い物する動画


昨日の今朝心が温かくなるようなニュースを見ました。お父さんのモハメッド・アラティフさんと一緒に子供のオマルさん(10歳)とアリさん(7歳)が感染が危ぶまれる人たちのために買い物をします。お父さんのモハメッドさんがストレングネース(スウェーデン、セーデルマンランド地方のストレングネース市にある街)のフェイスブックグループを作って、そこでリスクグループの方々が買いものを頼むことができます。

www.svt.se


「病院がひとでいっぱいにならないようにがポイント」とオマルがいう(0分33秒)。

(たぶん、病院がいっぱいより、いっぱいを超える程度にならないようにとを言いたかったと思います。けど、子供が話す言葉を大人が変えるより、必要なときに解釈をつける方がいいかなと思いました)。

子供からあらためて優しさとはなにかを見習いますね^^!

で、本題に入ります。この前スウェーデンの婚活事情の記事を書きましょうかとインスタグラムでアンケートを出して皆さんに選んでいただきました。

確かに、現在のコロナ時期ではデートしないかもしれませんが、苦笑。まあまあ、楽しんでいただければ嬉しいです^^

なので、今回のビョルクはそのままPDFをアップさせていただいたので、
こちらです。私の記事は12ページです~^^~よろしくお願いします。


スウェーデン交流センターのホームページより、ビョルクの今回の146号から137号まで読めます。スウェーデンに興味ありましたら、是非是非~!

swedishcenter.or.jp

 
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます!

この記事が面白いと思ったら、是非是非スウェーデンに興味ある友達にでもシェアしてください^^

私はインスタグラムツイッターYoutubeスウェーデンの生活について発信しています。もしスウェーデンに興味を持っていただけたら、ぜひそちらも見てみてください。

ほんじゃ、また次回~^^~!